青色幽霊水晶?ブルーファントム?

こんにちは、premium stone gallery 店長の沖本です。

今回は、非常にめずらしい石をご紹介したいと思いますよ。

こちらのブレスレットですけれども、この石はなんという石かご存知ですか?

2676 2676 1

「ブルーファントム!」

なるほど、水晶らしき粒の端に青色の内包物。ファントムのような入り方をしています。

2676 2

中国ではファントムは「幽霊」と書きますけど、まさにそのようなぼんやりしたイメージ。

2676 3

この石は「デュモルチェライト・イン・クォーツ」といいます。先ほどの「ブルーファントムクォーツ」とも呼ばれていますし、「ブルーガーデンクォーツ」などともいいますね。

このブルーの鉱物は「デュモルチェライト」という鉱物でして、ブラジルやカナダ、そして日本でも産出されますけど、マダガスカルのものが一番美しいと言われています。このなんとも言いにくい名前ですけれども、フランスの古生物学者 E.Dumortier(デュモルティエ)氏によって発見されたということで、このような名前になったということです。

この石の品質の見方としては、青色の濃いものが良いとされています。非常に希少性の高い石でして、そのような濃いブルーの石は、現在ではほぼ出回ることはなく、デュモルチェライト・イン・クォーツのビーズもほぼなくなりつつあるようです。香港市場ではすでにビーズブレスレットは消えてしまったとの話しもあります。

そんな中、縁あって私どものギャラリーに3本のラウンドビーズブレスレットがやってきました。

2677 2678

当ギャラリーにやってきたデュモルチェライト・イン・クォーツは濃いブルーではないのですけども、希少性がどんどん高まっていますので、色の淡いものであっても価値は高まってきていますよ。

淡いブルーも落ち着いた雰囲気をかもし出していますし、なんだか癒される気分です^^;

石のパワー的なお話からすると、癒しの効果というわけではないようですけれども、勇気を与えたり、幸運をつかんだり、引き寄せの力があると言われています。

今回やってきたのは、ブレスレットだけではなく、こちらのようなルースも入ってきています。

 

LS0007

裏から見るとこんな感じです。

LS0007 1

こちらのルースはとてもキレイですね〜^^;

LS0005 LS0005 2

拡大するとタオルかじゅうたんのように見えて、ふわふわして気持ちよさそうです^^;

かと思ったら、こんどはいかつい原石です!

LS0001 1

エッジの鋭い原石は先ほどのふわふわ感とは対照的に、荒々しさ、キレ味の鋭さをかもし出していますね。

 

ということで、本日の珍しい石は「デュモルチェライト・イン・クォーツ」をご紹介しました!

おしまいにこの石について私が解説している動画を載せておきますので、ごらんいただけたら幸いです!

皆さん「デュモルチェライト・イン・クォーツ」ってスラスラ言えるようになってくださいね(笑)

ではまた!

 

★デュモルチェライト・イン・クォーツ ギャラリーはこちら

国内最高品質の天然石に会える空間
premium stone gallery
恵比寿本店

ネットショップに掲載している商品は全て店頭でご用意しております。気になる商品を実際に手に取って、並べて比較してご覧頂くことができます。「これだ!」というお目当ての商品がなかったとしても、色々と見てみたいという形でもまったく問題ございません。どうぞお気軽にご来店ください。天然石好きの方とお会いしてお話ができることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です