新商品|このサクラは散りません\(^O^)/

こんばんは!premium stone gallery 恵比寿店長の沖本です。

新年度明けましておめでとうございます!

ということで、まぁ、うちは6月が年度末なので、いたって普通の日曜日なのですけれども、あれですね、新年度の方も新学期の方も、明日から本格始動というところで、今夜はまったりといきましょう(^^)

本日、ネットショップへ新商品を掲載いたしました。

本日の新商品は「サクラアゲート」です。

この石は、鑑別の結果によると宝石名を「スフェルリティック・クリスタル・イン・カルセドニー」と呼びます。

カルセドニーの中に“スフェルリティック・クリスタル”が内包されたものであるということですね。

鑑別結果に「スフェルティティック・クリスタルは、クォーツと認む」とあるように、この内包物はクォーツ(=水晶、石英)なのです。

細かな粒子の集合体をスフェルリティックと呼ぶようですが、これがサクラのように見えるというわけです。

市場では数年前にも「チェリーブロサッム・アゲート」という名前で出回っているようですが、鑑別の結果から見ると、アゲート(めのう)ではなくカルセドニーの一種になります。

カルセドニーとアゲートは縞模様の有無で呼び方が変わるもので、縞模様があるものがアゲート、ないものがカルセドニーになります。

構成としてはどちらも「石英」であり、石英の大きな結晶を水晶とよび、細かな結晶があつまったものをカルセドニー、そこに縞模様が見えるものをアゲート(めのう)と呼びます。

鉱物名や宝石名が、必ずしも市場で流通する名称になるわけではないので、アゲートで通ってしまっているなら、アゲートと呼んだ方がわかりやすいところはあります。

ただ、私はどうしても「チェリーブロッサム」とは呼びたくないのですよね・・・・。

「和のテイスト」を持つ希有な石

私がどうしてもサクラアゲートと呼びたいのは、この石がとても日本的な装いであることです。日本の花が「桜」(ソメイヨシノ)であるように、日本人と桜の花は深いつながりがある花です。だからこそ「チェリーブロッサム」ではなく「サクラ」と呼びたいところです。なにより私が大好きだからというのもありますけれども。。。

このような模様が自然にできあがったと言うことに、本当に感動します。自然が作り上げた芸術品ですね。(^^)

流通量が減少しています

カルセドニーは、それほど希少な鉱物ではありませんけれども、このサクラアゲートは、原石も少ないようです。前回(2017年の夏)に仕入れた際は豊富にありましたが、今回(2018年3月)は取り扱いが数件しかなく、ほぼ生産終了状態です。

今回入手できた色の濃いバングルタイプは、その中でもトップクォリティの品です。

最後の入荷になる可能性が高いですから、今のうちに手にしていただけるよう、おすすめしたいと思います。(^^)

私が良いなと思うのは、HC124、HC126、HC127、HC132当たりですかね。

サクラの花がたくさん楽しめます(^^)

沖本店長
明日はトルマリンを上げたいと思います。こちらも春らしい明るいタイプですよ!お楽しみに!!

 

国内最高品質の天然石に会える空間
premium stone gallery
恵比寿本店

ネットショップに掲載している商品は全て店頭でご用意しております。気になる商品を実際に手に取って、並べて比較してご覧頂くことができます。「これだ!」というお目当ての商品がなかったとしても、色々と見てみたいという形でもまったく問題ございません。どうぞお気軽にご来店ください。天然石好きの方とお会いしてお話ができることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です